[レチノールクリームのおでこシワへの効果] 深いシワも薄くなる美容効果

 

レチノールクリームでおでこのハリを取り戻す!シワへの具体的な効果

 

レチノールクリームは、おでこの皮膚のハリ・弾力を取り戻すことで、シワ改善の効果が見込めます。

 

レチノールの具体的な効果とは、ハリ・弾力を取り戻すカギの成分である

 

「コラーゲン・ヒアルロン酸」の生成を促すことです。

 

レチノールの種類:おでこシワケアに選びたい効果の高いレチノール

 

レチノールといっても、実はいろいろな種類があります。

 

レチノールはビタミンA誘導体の1種ですが、純粋なレチノール以外にも、パルミチン酸レチノールやレチノイン酸トコフェリルなどがあります。

 

さらに似通った成分のレチノイン酸などもあります。それぞれの成分について解説します。

 

純粋・ピュアなレチノール

 

パルミチン酸レチノール

 

レチノイン酸トコフェリル

 

酢酸レチノール

 

レチノイン酸

 

ビタミンAの一種のレチノイン酸ですが、上のレチノールの中でも一番効果が高いとされている成分です。しかし、刺激がとても強く傷みを伴ったり、ほぼ確実に皮剥けや赤みが出てしまうのが弱点です。

 

 

おでこの深いシワにも効果:レチノールはヒアルロン酸とコラーゲン生成を活発にする成分

 

レチノールはシワ改善に効果が高いと様々な研究期間で実証されています。その理由は肌のハリ・弾力を

 

ヒアルロン酸とレチノールクリームの比較

 

ヒアルロン酸が配合された化粧水とか、美容液、オールインワンクリームなんかもよく販売されているのを目にすると思います。

 

でも、ヒアルロン酸を外から塗ることにはほとんど意味がありません。

 

(※美容皮膚科で受けられる「ヒアルロン酸注射」は直接肌に差し込むので、ハリ・弾力アップの効果が見込めます。)

 

ヒアルロン酸は確かに肌の中で、水分を保持する大切な役割をしているのは確かです。でも外から増やすことは難しいと言われている成分です。

 

レチノールクリームを使うことで、お肌内部のヒアルロン酸生成を活発にすることができます。

 

ヒアルロン酸を増やしたいなら、日々のスキンケアでレチノール入りのクリームを使うことが大切です。

 

コラーゲンとレチノールクリームの比較

 

コラーゲンも肌の弾力を支えている大切な成分です。さすがに、コラーゲンを知らないという女性はいないのではないでしょうか。

 

コラーゲン配合の化粧品は、デパートコスメやドラッグストア、各化粧品メーカーの販売店、ネット通販などありとあらゆる所で販売されています。

 

しかし、コラーゲンは肌に直接塗ってもおでこの深いシワへの大きな効果は望めません。

 

コラーゲンは大きい分子なので、肌の内部に浸透しないという致命的な欠点があるからです。コラーゲンを塗って、何か肌に変化を感じたという人もいますが、それまでのスキンケアにまったく効果がなかったか、コラーゲンによる表面の保湿効果を勘違いしているだけの可能性が高いです。

 

やはり、自分の肌本来のコラーゲンを増やしたいのなら、レチノールクリームを塗布して、「コラーゲン生成を活発にする」方がシワへの変化を感じやすいと思います。

 

よくある「低分子コラーゲン」でもおでこのシワに意味はないの?

 

コラーゲンは大きいサイズ。なので、「小さいサイズ(分子)にして浸透力をアップさせました!」という商品が販売されていますが、これにもクエスチョンです。

 

仮にそんなに小さなコラーゲンを作れたとしても、それは本来のコラーゲンなのか?という問題が残ります。

 

小さくしたということは、それはすでにコラーゲンではなく、ただの「ペプチド」という分子になっている可能性が高いです。なので、同じくイメージ的な部分を売りにしている化粧品なので、残念ながらあまりおすすめはできません(*_*)

 

[男性にも効果] おでこのシワにレチノールクリーム

 

男性の中には、おでこの深いシワに悩まされている人も多いです。

 

特に、若い時からスキンケアをしてこなかった男性の方が、圧倒的に多いので、年が30代、40代となってくるとそのツケが回ってきます・・・。

 

悩みが多くなってくると、知らず知らずのうちにおでこにシワを作るような表情をすることも多くなってしまします。

 

それを日々繰り返してくると、積み重なっておでこのシワが目立つようになります。

 

「今からスキンケアしても意味ないんじゃないの?」

 

そんな風に思いこんでしまってケアを怠る必要はありません。おでこのシワでもレチノールクリームでスキンケアを続ければ、ハリを復活させてシワを目立たなくさせることができます。

 

レチノールクリームでおでこシワ対策:男性の口コミ

 

 

おでこのシワをこれ以上深くしない生活習慣